胸が小さいとお悩みの女性に手軽なプチ整形

 

胸が小さいとお悩みの女性は多いと思いますが、美容整形でメスを入れるのでは抵抗を感じやすいものです。

もし失敗したら、と思うと躊躇してしまうことが多いです。
そこで最近話題なのがプチ整形です。

 

 

プチ整形ならメスを入れることが無いので、失敗を心配することが殆ど無いです。
メスを入れる美容整形よりも費用面でも安く、身体にも負担が軽いので手軽に受けることが出来ます。

 

 

バストアップを目指せるプチ整形には大まかに分けて、ヒアルロン酸注入と脂肪注入の2種類があります。
どちらもバストアップさせるため、形を整えるためにバストに注入します。

 

 

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸は、私たち人の身体にある成分なので注入しても安全です。

 

注射ハリで注入するだけなので、施術時間も短時間ですし、メスを入れない分だけ、施術後から復帰できるまでのダウンタイムも短いです。
注入後は徐々に身体に吸収されて元に戻ります。

 

 

バストサイズを維持するには、何度か注入を受けることが必要ですが、バストアップサプリと違ってすぐに効果を実感できるのが大きいです。

 

 

脂肪注入

脂肪注入もご自身の脂肪をバストに注入するので、拒絶反応の心配は殆ど無いです。

 

太ももやウエストなど、脂肪がある部位から脂肪を吸引するので、脂肪が気になる部位の解消まで同時に狙えます。

 

その代わりに、ヒアルロン酸注入同様に身体に徐々に吸収されるため、持続期間が短い欠点がありました。
しかし、最近ではPRP脂肪注入法があります。

 

 

脂肪に含まれる、幹細胞と脂肪を一緒にバストに注入することで、定着率が良くなり、持続期間が長いのが良い点です。

 

小さい胸のコンプレックスにさようなら

 

バストアップ、胸が小さい女性にとって、この言葉は夢のような言葉です。
バストアップは毎日の生活習慣がとても重要であり、日々の積み重ねでその効果を左右します。

バストアップを目指すにあたって、食事・運動・睡眠、大きくわけてこの3つが大事になってきます。

 

 

食事の面では、バランスの良い食事を前提に、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を高める成分、「ボロン」を多く含む食材がおすすめです。

 

 

例えば、りんごやナッツ類、キャベツを積極的に取り入れたり、女性ホルモンに近い働きをする「大豆食品」、良質なタンパク質が含まれる「乳製品」を意識して食べることが効果的です。

 

 

運動では、大胸筋を鍛える腹筋や、胸のリンパの循環を良くするために、胸を持ち上げて揺らす体操などもあります。
また、睡眠は健康的な体作りはもちろん、バストアップを目指す上でとても重要です。
睡眠の質や量は、女性ホルモンや成長ホルモンに大きく影響してきます。

 

 

最も女性ホルモン、成長ホルモンの分泌が盛んになる時間が、夜22時から深夜2時といわれています。
この時間帯にしっかり睡眠をとることも、バストアップへの一歩になります。

 

 

この3つの他、今では胸を矯正し、正しい位置に戻してあげる育乳ブラジャーなども多く売られています。

 

 

一般的なブラジャーに比べ大きめなカップが特徴的で、背中や脇の脂肪を全て寄せ集めることで補正していくものです。

 

 

忙しく、運動をする時間がない方や手間暇かけず、バストアップしたい方におすすめです。
いずれにせよ、無理なく自分のペースで行うことが大切です。